離婚 準備 手続き

離婚準備で実際の手続きの流れの見本はないのか?

いざ!離婚決意して、準備に入るとき、実際どのような手続きを踏んでいくのか?不安ですよね?周りに経験者がいて、あれこれ聞いてもいいのですが、それぞれ離婚に至る道は様々で、「もうあんな思いはこりごり」という意見が多いです。

 

だからできれば思い出したくないし、二度とあんな「過ち」を繰り返さないよう、未来へ向け歩んでいるのですから。余計、過去は過去として話したくないのが実状です。

 

実際の労力も「結婚の50倍」と言われていますから。実に面倒で、しんどい感じですよね。

 

離婚

 

ところであなたの離婚の原因は明確でしょうか?誰が聞いても納得する内容ですか?否定されても心はぶれませんか?相手は合意できますか?

 

一番いいのが「協議離婚」です。お互いの話し合いで養育費、慰謝料、財産分与と決めていく手順を決めていきます。すんなり行けばいわゆる円満離婚です。ですが、話し合う中で、相手が何かを拒否したり、養育費を曖昧に設定したり、事態が思わぬ方向へ行く時があります。

 

そう、あなたの思惑がどうしても崩れるのですね。相手あっての話ですから、お互いの主張が噛み合わないのです。

 

あなたはあなたで、「一刻も早く縁を切りたい」とする一心で、条件を先伸ばしにしたり、口約束みたいにしたり、書類作成を怠ったりすると、ゆくゆくは、後悔することになるのです。

 

それはあなたが再婚した後でそうした「トラブルが続出」している、現状があります。

 

一つはこじれた際に活用するのが、いわゆる「離婚調停」です。あなたも聞いたことがありますよね?お住まいの近くの「家庭裁判所」に赴き、個別に話を聴かれ、最終的に条件等を決めていく公的な場所です。この時の決めたことに対しては法的な効力があり、絶対的に守らないといけません。

 

離婚手続き

 

その中で、相手が不服のまま調停回数を重ねても結果は「調停不調」に終わり、裁判への選択となって行くのです。お金に余裕があるならば、弁護士に一切任せるというのも出来ます。面倒なことには携わりたくないですからね。

 

弁護士の能力もそれぞれで均一ではありません。もちろん弁護士も商売ですから、ひとつでも多くの「案件」はほしいです。
ですがこれも経験の浅い弁護士は全く持ってアテになりません。

 

慰謝料の見解でも、「1000万は取れる」と言ってみたり、「50万が限度でしょう」と様々です。あとは過去の裁判の判例から引用するしかないのです。プロ中のプロにお願いすると費用も高額になり、忙しいので待たされることになるでしょう。

 

また離婚を不服として、相手が弁護士を立てて、「慰謝料は払わない」「養育費も減額」ということも引き起こされることもあります。

 

離婚準備

 

そうした時にあなたは不安や恐怖にかられ、冷静な判断ができなくなってしまい、結局は相手の言われるままに進んでしまったということになるのですね。

 

さあ、せっかく意気揚々と離婚準備の手続きに入ったものの、意外と敷居が高いのがお分かりでしょう。

 

なんだか離婚するモチベーションが下がってしまう。
ひょっとして離婚は悪い事に思えてきた
有利に離婚するのは無理なのか?

ですが、現在(2018年)は結婚したカップルの半分が離婚している現状があるのはビックリですよね?皆さん簡単に離婚しているかは疑問です。

 

離婚問題に悩むあなたにふさわしい道しるべはないのか?有利に離婚できるお手本はないのでしょうか?

 

有利に離婚したいあなたこそ実はもっとわがままになってもいい!!

 

さあ、少しネガティブになったあなたをグイグイ引き上げますよ!実績NO1の方法を紹介します。

 

あなたの離婚に対する願いはズバリ!

 

有利に離婚

 

はい、これはその通りであると思います。心苦しい想いのマインドを少し変えてみましょうね。そしてあなたの味方である、マニュアルに沿ってあなたの願いを共有させてみてはいかがでしょうか?

 

離婚準備

 

⇒【満足度96.4%!】どんな離婚問題もスピード解決!澁川良幸が贈る「15,000人の離婚問題解決法」〜あなたの離婚問題もきっと解決できます〜

 

 

あなたの現実の悩み!「離婚決意」した後も不安があるのではないですか?

 

離婚手続き

 

はい!そのような悩みにすべて対応しているマニュアルです。あなたはその通りに手続きを開始するだけでOKです。

 

あなたは行政で支援している「無料相談窓口」や離婚相談カウンセラー」そして「弁護士」に頼ることなく解決の方法が得られる内容となっています。15000人の離婚問題解決法はあなたが理想とする結果がすぐに得られるのですから。

 

15000通りの解決方法を実際に手にすることができるのであれば、、しかも自分自身で対処できるので弁護士さんに依頼する必要はありません。糸口は自分で探すことができるのです。あなたの場合にあった「答え」を見つけることができるのはとてもあり難いことなんですね。

 

ですが「本当にすんなり離婚できるのか?」という気持ちの葛藤が、最後まで残ります。男性も女性もそうしたものです。なにが一番の解決ポイントなのか?最後の最後まで悶々と悩むことでしょう。核心をついた答えは本屋さんでも手に入らないし、離婚カウンセラーや行政無料相談で、曖昧な言葉で背中を押されても困ります。なんだかいつまでも遠回りしている気持ちがフツフツと湧いてきます。

 

離婚準備

 

もう、主人の言葉の暴力には耐えられませんでした。しかも、お姑さんも一緒になって、とても堪えがたい仕打ちを受けていました。当然、離婚も申し出ました。しかし世間体からか、相手にもしてくれませんでした。

 

私は、その後、調停に持ち込みました。調停の人たちなら法律の知識もあり、きっと私の辛い想いを理解してくれ、離婚に持って行ってくれるはずだと思っていました。でも、何回目かに気づいたのですが、調停の人たちは私の想いを実現させようとしているわけではなかったのです。調停は、私が期待していたような場ではなかったのです。
「15,000人の離婚問題解決法」が、そのことを教えてくれました。私は、「15,000人の離婚問題解決法」に書いてあるポイントに従って、調停に臨む姿勢を変えました。それは、たいして難しいことではありませんでした。

 

その後、数回調停に臨みましたが、無事離婚することができました。しかも、慰謝料なども結構いい条件で。離婚問題って、ポイントを間違えなければ、本当にスムーズにいくものだということを痛感しています。ありがとうございました。

私は、仕事を口実に家のことは何もやっていませんでした。たまに子供と遊ぶくらいで、家事などはまったく手伝ったこともありませんでした。妻はそういった私に我慢できなかったようで、離婚を申し出ました。

 

私は、何とか離婚だけは回避しようと思っていましたが、それでも、妻からのあまりに執拗な攻撃にいつしか「離婚も仕方ない」と思うようになっていました。でも、子供だけは絶対に渡したくありませんでした。何人かの弁護士の先生にも相談しましたが、答えは全て「それは、無理でしょう」というものでした。

 

日本の法律では、父親が親権を取ることがほとんど不可能であることを知りました。でも、どうしても諦めきれませんでした。「15,000人の離婚問題解決法」には、そんな普通では絶対に不可能なことへの対応策が載っていました。

 

「やったー」と思いました。本当に八方ふさがりでしたから。今、子供と一緒に暮らしています。夢のようです。信じられない気持ちでいっぱいです。澁川先生、本当にありがとうございました。

主人の浮気が原因で、離婚することになりました。結婚してから10年、ずっと信じて生きてきました。子供も2人いて、家庭生活には何の問題もないと思っていましたから、主人の浮気が分かったときは、本当に裏切られた気持ちで一杯でした。

 

「何が何でも、今すぐ離婚」。そんな気持ちだったように思えます。「15,000人の離婚問題解決法」は、そんな私を冷静にしてくれました。怒りにまかせて、何も手にせず子供を連れて出て行ったところで、専業主婦だった私に生活力があるはずもなく、子供たちに辛い目にあわせるだけでしょう。冷静になって、養育費や慰謝料を考えるようになりました。

 

「15,000人の離婚問題解決法」は、書いてあることを実行するだけで、慰謝料は世間相場では300万円と言われていましたが、800万円もらえることになりました。養育費も世間相場の2倍で折り合いました。一時の感情に流されたまま行動を起こしていたら、今頃どうなっていたのでしょう。澁川先生、心より感謝申し上げます。

 

これが離婚準備している、あなたへの最短のマップであって近道はここに明記されています。

 

早く離婚するために、あなたは焦って、「出口」を探し求めいてたのかも知れませんね?ですがここで出口ではなく「入口」にたどり着きました。もう十分に悩みました。あなたの明るい未来を歩むべく、今ここで力強い知恵を授かって下さい。もう遠回りはしないでくださいね。

 

女性のあなたへ!離婚手続きの女性に特化した内容です。

 

養育費 未払い!養育費 受け取り方法!

養育費に関する解決方法は以下が最強の方法です。

養育費は最初は順調に支払われていたのが、だんだんと、減額したり、滞るようなることが多いのです。養育費は子供が成人するまで必要で、大学卒業時は22歳ごろまででしょうか?

 

「養育費を払いたくない!」それは相手の環境の変化によるものです。再婚してあちらの生活のほうが重要になって、お金の使い道を優先させるためです。まして、新しい子供が出来たとなると、てきめんでしょう。

 

ですがそもそも、「養育費」は親ではなく子供の権利なのです。監督したり、教育するのは親としては、当たりまえですが、かかるお金は子供の権利です。ですので、親に渡すお金ではないのですね。

 

こうした問題は感情的になりやすいので、やはり専門のプロに任せて下さい。

 

養育費の専門家イストワール法律事務所 養育費プロモーション